ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)ビルダー登録申請

ZEHについて

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっている昨今、京都議定書の設定にもみられるように、国内でも住宅の省エネルギー化を最重要課題のひとつとして位置づけられております。2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることをめざす、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が制定されました。
ZEH(ゼッチと読む)とは、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスの住宅』という定義です。つまり、住宅性能の高断熱化(今までよりもさらに)と省エネ設備機器や太陽光発電システム、蓄電機器、HEMSなどを組み合わせることにより、消費されていた電力量を従来より削減、そして自宅で発電する量が年間に消費するエネルギー量を上回ることでおおむねゼロ以下となるような住宅といえます。

ZEH補助金について

新築住宅を建てる多くの方がZEH仕様を導入しやすいように、国は補助金制度を設けて普及を促進しています。
性能が上がった分の費用として平成29年度は75万円が補助金額となっています。この補助金事業に対する設計・施工は、登録されたZEHビルダーに限るとされているため、現在、株式会社イケダ工務店でも登録申請をしております。株式会社イケダ工務店では、新築物件におけるZEH割合の目標数値を2020年度までに60%以上に設定し、実現可能に向けていきたいと思います。

弊社のZEH普及目標

2016(H28)年度 14%以上
2017(H29)年度 30%以上
2018(H30)年度 40%以上
2019(H31)年度 55%以上
2020(H32)年度 60%以上

弊社のZEH実績状況

2016(H28)年度 51%(うち ZEH 9% Nearly ZEH 42%)

株式会社イケダ工務店
代表取締役 池田 秀範