QUALITY-4

匠の技術力でつくる、自社責任施工。

イケダ工務店 quality 画像 イケダ工務店 quality 画像

一貫して請け負う「責任施工」。

イケダ工務店はお客様に心から喜んでいただくため、基礎から内装仕上げまでのすべての工程を、
自社土木・自社大工で一貫して請け負う「責任施工」を旨としています。
そのために常に質の高い職人を育て続け、細かなディテールにも気を抜かず「職人による職人ならではの仕事」を実践しています。
現場での急なプラン変更への対応、お部屋に合わせたオーダー家具の製造など、
施主様のあらゆるご希望にお応えするため、日々の努力を惜しみません。
高い技術力を持つ昔ながらの職人がつくりだす、機能性とデザイン性を併せ持った家を、ご自身の目で確かめてください。

構造計算に基づいて施工。

住宅の性能、耐震性能にしても自社ですべて構造計算しています。断熱性能もメーカー最高ランクが標準。
通常は3階建てから必要な構造計算書を、2階建てから作成します。
基礎、骨組み、耐震、建物全体にかかわるすべてを算出し、耐震性能のレベルも自社で設定できます。
構造計算書を外注に出す工務店も多い中で、自社で構造計算書を作成できる仕組みを整えたのは、何よりお客様の安心のため。
「100年住宅」に申請する場合は国に構造計算書を添付する必要があります。
また、構造計算書は家を売却するときの付加価値にもなります。
お客様のご要望に応える形で自社で対応できることを増やし、会社自体も進化し、体制を整えてきました。

保証に期限を設けない。

当社は保証期間に期限を設けません。なぜなら、家がある限りお付き合いは続くからです。
家ができてからが、本当のお付き合いのはじまりなのです。
お客様に安心してご依頼いただけるよう、建築工事保険等の各種保険の加入、完成保証加入などを取り入れております。

オーダー家具というサービス。

イケダ工務店 quality 画像 イケダ工務店 quality 画像

綺麗に、質感を残した上質な仕上がりに。

キッチンテーブルや食器棚、テレビボード、書棚など、当社はオーダーメイドで家具を作ります。
あるお客様が、製作中のテーブル机の裏側にもぐって、裏まで塗装がされているかをチェックして
「見えないところに興味がある」と話されました。見えない部分にまで手を抜かずに、
綺麗に、素材の質感を残して作業できることが、自社施工である当社の誇り。そのため工期が必要になり、
上質な素材を使うとコストもかかります。そこに、どれだけこだわりがあるかどうか。
お客様の工務店選びはお嫁さん選びと同じくらい大事なことです。取り替えがききません。
お客様には当社の見学会に来て、どんどん見てくださいと言います。そして細かなディテールまで確認してみてください。

既製品にはない良さがある。

現代の家づくりでは棚や窓枠にしても、既製品を現場で取り付け、工期を早めることが多くなりました。
当社では木そのものを大工が裁断し、たとえば窓枠にしても木枠を細く見せるか太く見せるかその細かなディテールまでを
打ち合わせして、カンナをかけて、組立てて取り付けるという段階を踏んでいます。
既製品を買って、取り付けるという2工程を、当社の場合は材木を買って、裁断して、加工して、取り付けする、
その倍かかるわけです。手間暇を惜しまずにできたものは質感が違ってきます。
市販の窓枠は木目を貼り付けているものがほとんどで、窓を開け放しにして雨が入ってくると、
糊で貼った木目がペロンと剥がれてしまうこともあります。
本物の木の場合、シミにはなりますがサンドペーパーをかけて再塗装すれば元に戻る、そういう差があります。
既製品の木製テーブルは、ニスなどのコーティング剤が塗ってあると再塗装できません。
無垢材で作ったオーダー家具は材質からサイズ、形に至るまで部屋にぴったりと馴染む、統一感のあるものが出来上がります。
無垢材が収縮したり、色替わりを起こした場合でも、
リニューアルするときに削ったり再塗装したりすることで、木の風貌に新たな深みが加わるのです。

BRAIN