QUALITY-2

技術を磨き、適材工法で造る。

イケダ工務店 quality 画像 イケダ工務店 quality 画像

常に新しい技術を研究し、高い技術が息づく注文住宅を形にします。

最近の住宅は工業化、規格化の波により、職人たちの技が息づく家が少なくなりました。
伝統的な木造在来工法の家でも、工業化の波に押され、現場での手仕事を極力減らすことで、
コストを抑え企業利益を生みだしています。イケダ工務店では「自然素材住宅」のように職人の技を活かせる家づくりを目指し、
あえて手刻みにこだわった家づくりに挑戦しています。
確かな技術から生まれる手づくりの味わいと、職人たちの精魂込めて造り上げた住まい。
きっと住む人に愛着と誇りを育んでいただけると信じているからです。
お客様一人ひとりのライフスタイルに合わせた家づくりを続けるうち、常に新しい技術を研究し、
職人たちのクオリティの高い技術が息づく注文住宅をお客様と一緒に考え、形にしています。
デザインや安全性、性能などお客様のご要望も様々です。そのため鉄筋コンクリート構造など木造以外にも対応し、
お客様のご要望や夢を叶えるためのご提案ができるよう日々技術を磨いています。

夏涼しく冬暖かい、省エネルギー住宅。

イケダ工務店 quality 画像 イケダ工務店 quality 画像

基本仕様からエコロジーに。

当社では高気密・高断熱住宅への取り組みにはエアプラスなどを導入し、高気密でありながら風が通る構造にしています。
また床材には無垢材を使い、壁は漆喰にするなど100%無垢素材の仕様を基本として、
シックハウスを防止しています。エコ住宅への取り組みとして、太陽光発電・オール電化などにも対応しています。

風の流れをつくり、快適な室内を実現。

家の中の温度は、木の割合、風の通り抜け、光の差し込み、中庭の配し方で快適さが変わってきます。
夏は太陽が上に昇る分、軒で日差しをカットしないと家の中が暑くなります。冬は光の角度が30度で低く射し込むため、
いかにリビングの奥まで太陽光を入れるかが設計時の課題です。
いくら断熱性能をあげて高気密・高断熱で家全体を固めても、夏は日中窓を開けなければ涼しく過ごせますが、
天気が良い時に窓を開けると熱風が入り、夜になっても熱が抜けずに蒸し風呂状態に。
それを解決するポイントは、各部屋に風の流れをつくること。
高気密・高断熱でありながら、風が通るように設計することで、冷暖房機器を上手に活用できるようになり、
省エネルギーで夏は涼しく冬は暖かな空間づくりができるようになります。
以前施工したご家族のご希望は、リビング横にオープン棚が天井まである吹き抜けの家。
白壁に暖炉があり、中庭には水面を配して、お風呂に入りながら水面の輝きを眺められるようなデザイン住宅でした。
吹き抜けには換気ファンを取り付け、高気密・高断熱の施工を利用しながら風の流れを作り、
吹き抜けでも暖気が下に落ちてくるように施工し、冬でも暖かく過ごせる家を実現しました。

QUALITY-3